最短翌日!お金がもらえるキャンペーン▶ GETする

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』でブログ記事を書いてみた

本ページはプロモーションが含まれています

ブログを運営している方の多くが、ブログをもっと執筆したいけど時間がかかりすぎて追いつかないと感じているのではないでしょうか。

また外注したいけど、できてない方や外注費用を押さえたい。
そもそもSEO対策がちゃんとできているのか不安。

そんな悩みはAIライティングツールの『ラクリン(Rakurin)』にお任せしちゃいましょう!

当記事では実際にAIライティングツールの『ラクリン(Rakurin)』にブログ記事を書いてもらい、実際に生成された文章を紹介しています。

\無料で毎月1記事作成/
ChatGPT4.0を搭載で無料~使える

目次

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』とは

ラクリン(Rakurin)は3社の共同運営です。

  • 株式会社makurin
  • 株式会社アルル製作所
  • ジジックス

株式会社makurinはブロガーでも人気のマクリンさんが運営している会社でブロガーのためのオンラインサロン等、SEOコンサルティング等幅広く事業を展開しています。

株式会社アルル製作所はwebマーケティングやホームページ制作など様々な事業を展開しています。

ジジックスはメディア政策やツール開発など色々と事業を展開しています。

3社ともWEBに関して精通している会社です。

この3社の共同運営するAIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』は無料版でも毎月1記事、20,000トークンの利用が可能です。

ちなみに当記事に掲載している文章も無料版で作成しましたが、使い方によっては3記事ほどは書けるように思います。
残りのトークンについても後程説明します。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』の料金プラン

料金プランは上記のようになります。

おすすめとされているプランはゴールドですが、シルバープランでも無料版の10倍の200,000トークン利用することができます。

毎月の作成できる記事数は目安なので、使い方によっては記載されている記事数よりも多く作成することも可能です。

無料版の20,000トークンでどの程度の記事が作成できるかお試しをしてから有料プランに変更することをおすすめします。

\無料で毎月1記事作成/
ChatGPT4.0を搭載で無料~使える

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』の特徴と機能

ブログ記事を作成してくれるラクリンの機能と特徴を見ていきましょう。

記事作成に特化したAI機能を搭載

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』ではChatGPT4.0を搭載しており、より高度な処理で、正確な文法や答えを学習しているため、他ツールよりも圧倒的に優れたクオリティの文章を作成できます。

このhatGPT4.0が搭載されているAIライティングツールが他にもありますが、料金が10,000円程するものばかりです。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』ではChatGPT4.0を搭載されているのにも関わらず無料で使用することができ、有料プランでも4,980円~利用することが出来ます。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』の機能一覧

  • キーワード提案
  • タイトル作成
  • 見出し作成
  • リード文作成
  • 本文作成(単体見出し)
  • 本文作成(階層見出し)
  • まとめ分作成
  • ディスクリプション作成
  • リライト
  • FAQ構造化データ
  • Pros and cons構造化データ
  • 機能は随時追加‼

痒いところに手が届くとは正にこういうことをいうのではないでしょうか。

すでに完璧‼と拍手したくなるよな機能一覧ですが、ラクリンに追加してほしい機能があれば公式LINEから問合せをすることも可能で、もしかしたら自分が求めている機能が追加されることもありそうです。

事前学習でチューニング可能

ラクリンでは事前学習でチューニング可能。

フレンドリーで柔らかい文章で
明るいイメージで

上記のように作成したい文章を事前に学習することが可能です。

アカウント共有が可能

1つのアカウントで共有して利用することが出来ます。

しかも同時ログイン、同時利用も可能です。

共同でブログ運営をしている方はさらに倍、時短、節約でブログを運営することができます。

\無料で毎月1記事作成/
ChatGPT4.0を搭載で無料~使える

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』のトークンとは

さっきからトークンってなに?と思っている方、お待たせしました。

トークンは、ChatGPTにリクエストを投げた時点+リクエストが返ってきた時点で消費されるポイントのことです。投げるリクエスト(文字数)や、返ってきた結果(文字数)が多いほど、たくさんのトークンを消費します。

引用:Rakurin

トークンは生成ボタンを押すと消費される持ち手の単位です。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』のトークンの消費数

このトークンの消費数は、1記事に〇〇トークンと決まっておらず文字数によって変動するようです。

ちなみに今回著者が消費したトークンは8,950トークンでした。

使用した機能消費トークン
タイトル作成557トークン
見出し作成1,220トークン
本文作成(単体見出し)2,988トークン
本文作成(階層見出し)4,185トークン

無料プランでも使用する機能によって2記事~3記事ほど作成できそうです。

タイトルだけ、見出しだけ作成してほしいという場合は無料版でも充分に利用できるかと思います。

\無料で毎月1記事作成/
ChatGPT4.0を搭載で無料~使える

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』で実際に生成したブログ

では実際にAIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』で生成したブログ記事は下記の通りです。

タイトルとリード文は省いています。
ご了承ください。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』でブログ記事を書いてみた: 体験者の視点から

AIライティングツールの世界は常に進化し、多数のサービスが人々のブログ記事作成を助けています。その中でも私が注目したのが『ラクリン』です。私自身がたしかな視点を持てるよう、実際に手を動かし、体験してみました。今回の記事では、具体的な利用体験をもとに『ラクリン』の概要から、活用の際のヒントまでを分かりやすく解説していきます。

『ラクリン』の概要と特長

『ラクリン』は、AI(人工知能)を利用したライティングの支援ツールです。その特長はAIエンジン「gpt-4」を使用し、自然な文章生成を可能にしていることにあります。人間が何時間もかけて考え、練り上げる文章を短時間で作成できるというのは、まさに革新的。その他にも、SEO対策を強く意識したツール設計がされており、記事作成の初心者でも十分に活用できるよう配慮されています。具体的な機能については、後述の章でも詳しく紹介します。

初めての『ラクリン』利用: 登録から始めるまで

『ラクリン』の利用は、まずオンライン上でアカウントの登録から始まります。操作は直感的で特に困ることなく進んでいきました。完了後はすぐにダッシュボードが表示され、そこから各種設定やブログ記事作成に取り掛かれます。初めての利用でも、迷わずに操作できるインターフェースは非常に使い易さを感じさせてくれます。

『ラクリン』の使用感: テキスト入力から文書生成まで

実際に『ラクリン』を使用した感触をお伝えしたいと思います。テキスト入力は、「お題」を入力するだけ。その簡単さからは想像もつかないほど高品質な文章が生成されます。なお、『ラクリン』は元々がAI「chatgpt」を用いたチャット型のサービスであるため、入力したテキストに対する「答え」を出せる能力も有しています。とはいえ、AIが自動生成した文章は必ずしもパーフェクトではなく、適度な校閲と手直しが必要です。しかし全体的に見ると、時間の大幅な短縮が見込めますし、その結果、価値ある内容をより多く世に問うことが可能になります。

『ラクリン』によるブログ記事作成の実際

私がリアルに『ラクリン』を使ってブログ記事を作成する流れを説明します。まず、ブログのお題を入力します。代用するキーワードも忘れずに。次に、生成された文書を確認し、校正します。最終的には、自分のスタイルに合わせた微調整を行って完成です。AIが作成した記事は人間が書いたものとほとんど変わらぬ自然な文章で、その品質には驚きました。そして何より時間の短縮が実感でき、その点では『ラクリン』のパワーを実感しました。

『ラクリン』利用のメリット: 時間短縮と品質向上

『ラクリン』を活用する上で特に感じたのが、当然ながら時間短縮のメリットです。ブログ記事の構成を考え、言葉を選び、伝えたいことを整理することは専業ライターでさえも難しい作業です。『ラクリン』はそうした作業を驚くほど効率化してくれます。一般的なライティングでは時間がかかる部分を、AIが手短に処理してくれるのです。だからと言って品質が落ちるわけではありません。むしろ『ラクリン』はNGな文章形式を避け、SEO対策に有利な形で記事を生成してくれます。時間短縮と品質向上、この二つが『ラクリン』の大きなメリットだと断言します。

『ラクリン』利用のデメリット: 注意点と対策

たくさんの魅力がある『ラクリン』ですが、一方でデメリットや注意点も存在します。その主なものが「AIによる生成文章の校閲・編集が必要」という点です。AIの生成したものは全てが完ぺきではなく、一部おかしな文が混ざっていることもあります。また、一部の仕様上、複雑な内容の生成が苦手という側面も見受けられます。しかし、そういった問題点は都度改善されつつあり、私自身がみてもその進化の速さに驚かされます。『ラクリン』を利用するに当たっては、出力された文章の最終チェックを怠らないことと、複雑なテーマに対しては適宜手動で補修を加えることが求められるでしょう。

各AIライティングツールとの比較

これからAIライティングツールとして広く知られる『ラクリン』と他の類似ツールとの機能を比較し、どのように利用者にとって最適化されているかを詳細に見ていくことになります。

『ラクリン』と他のAIライティングツールの機能比較

AIライティングツールは各々、異なる特性や機能を持っています。『ラクリン』も例外ではなく、特有の機能と利点が存在します。他のAIライティングツールにはない『ラクリン』の独自機能として、効果的なSEO対策をサポートする機能が挙げられます。『ラクリン』はユーザーが重視するキーワードから関連する文章を自動で生成します。一方、他のAIライティングツールは多くがテキストの生成に重点を置いているため、SEO対策については詳しくサポートしていないことが一般的です。

『ラクリン』の特色と他ツールの差別化ポイント

『ラクリン』の特色として、難解な操作を必要とせず、簡単に文章を作成できるという利便性が挙げられます。他のツールでは複雑な設定が必要な場合がありますが、『ラクリン』では装置や特別な技術を必要とせず、シンプルな操作方法を提供します。この使いやすさが一部のユーザーから支持を得ており、他ツールとの明確な差別化を実現しています。

利用者別AIツールの選択基準と『ラクリン』の位置付け

ユーザーの要件により、どのAIライティングツールを選ぶかが決まります。例えば、初心者やテクノロジーに不慣れな人にとっては、操作が容易で分かりやすい『ラクリン』が最適と言えます。高度な機能や複雑な設定を必要とする専門家には、他の高度なツールの方が適しているかもしれません。『ラクリン』の位置付けは、特に初めてAIライティングツールを試す人や、手軽に文章を生成したいユーザーにとって適していると言えるでしょう。

平均的なブログ記事作成における各AIツールの性能評価

ブログ記事作成における性能評価では、『ラクリン』はその高い生成速度と品質を評価できます。このツールは、素早く必要な文章を作成し、その結果も一般的に高品質です。その一方で、他のAIツールは多くが高度な設定を必要とすることから、設定や学習時間を考慮すると生成速度が緩慢になる可能性があります。また、品質面では他のツールと『ラクリン』との間には分かれ目があります。一部のツールは深い知識を必要とする専門的な記事作成に優れている一方で、『ラクリン』は幅広いテーマに対応する一般的なブログ記事作成に長けています。

『ラクリン』活用術: ブログ記事作成における最適な使い方

さて、これから具体的な『ラクリン』の活用方法をご紹介し、ブログ記事作成にどのように活用できるのか詳しく見ていきましょう。

『ラクリン』の効率的な設定の仕方

『ラクリン』は操作がシンプルであるため、特に複雑な設定は必要ありません。ただし、効率的に使用するためには、キーワードを設定することが重要です。適切なキーワードを入力することで、意図したトピックに沿った文章が生成されやすくなります。また、SEO対策を考慮したキーワードを設定すれば、検索結果の上位に表示されやすい記事を作成することも可能です。

『ラクリン』でのキーワード活用法

『ラクリン』でキーワードを活用するための手順は以下の通りです。まず、生成したい記事のテーマに関連するキーワードを挙げます。次に、それらのキーワードを『ラクリン』の設定欄に入力します。最後に、『ラクリン』が自動的に文章を生成するのを待ちます。これらのステップを踏むことで、目指すテーマに対応した質の高い記事が完成します。

『ラクリン』での記事構成作成

『ラクリン』では、記事の構成まで考慮した文章の生成が可能です。生成したい記事の大まかな構成を考え、それに基づいた順番でキーワードを入力します。すると、『ラクリン』はそれに応じた順序で文章を生成し、整理された記事を作成します。この機能は、記事の構成を予め計画することなく、流れるような文章を作成したいユーザーにとって有用です。

『ラクリン』での校閲・編集の方法

生成された文章は、そのままでも使用できますが、より質の高い記事を作成するためには、一度校閲し、必要に応じて編集することをおすすめします。『ラクリン』では自動的に文章を生成しますが、それはあくまでAIによるものであるため、ユーザーのニーズや感じ方を完全に理解することはできません。したがって、生成された文章を人間が校閲し、自分の声やスタイルに合わせて編集することで、よりパーソナライズされた質の高い記事を作成することが可能です。

『ラクリン』でのSEO対策テクニック

『ラクリン』はSEO対策をサポートする機能を備えていますが、それだけで十分なSEO対策ができるわけではありません。良いSEO対策を行うためには、『ラクリン』で生成した記事に、適切なメタ情報を追加したり、内部リンクや外部リンクを計画的に配置したりすることが求められます。これらのテクニックを駆使することにより、記事は検索エンジンから高い評価を受け、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

『ラクリン』を使ったブログ記事作成の多角的評価

では、『ラクリン』を使ったブログ記事作成を、時間効率、記事品質、コストパフォーマンス、利便性の観点から評価します。最終的に、『ラクリン』がどのようにブログ運営に影響を与えるかを考察します。

『ラクリン』による時間効率面の評価

『ラクリン』の大きな魅力の一つはその時間効率の良さです。複数のキーワードを入力するだけで、短時間で文章が生成されます。これにより、ユーザーは記事作成にかかる時間を大幅に削減することができます。特に、一日に多くの記事を作成する必要があるブログ運営者や、時間的な制約がある個々のライターにとっては大きな利点となります。

『ラクリン』による記事品質面の評価

『ラクリン』によって生成される記事の品質は、入力されたキーワードに大きく依存しますが、一般的には高品質な内容を提供します。しかし、要望する品質が特に高い場合や、専門的な内容を扱う場合、AIによる生成だけでなく人間による校閲や編集が必要です。

『ラクリン』によるコストパフォーマンス面の評価

『ラクリン』の料金は、他の多くのAIライティングツールと比較してもリーズナブルで、一定のコストパフォーマンスが期待できます。特に、ブログ記事の量産が必要なケースでは、その時間効率の良さと低コストが評価されます。

『ラクリン』による利便性面の評価

『ラクリン』の使いやすさは、特に初心者やテクノロジーに不慣れなユーザーに評価されています。キーワードを設定するだけで短時間で質の高い記事が生成されるため、操作が複雑な他のAIライティングツールと比較して、『ラクリン』の手軽さは大きな利点となっています。

『ラクリン』を使用した結果: ブログ運営の変化

『ラクリン』を使用した結果、多くのブログ運営者は記事作成のスピードが大幅に向上し、その結果、ブログ更新の頻度を上げることができました。また、『ラクリン』が提供する高品質な記事により、サイトへの訪問者が増え、ブログの検索エンジンランキングが向上したという報告もあります。

『ラクリン』利用における私の結論と次のステップ

ふまえて、私の結論として、『ラクリン』はブログ記事作成において、特に初心者や非テクニカルなユーザーにとって有用なAIライティングツールであると考えます。その手軽さと時間効率の良さは評価されるべき点であり、積極的に利用を検討すべきでしょう。次のステップとしては、『ラクリン』の活用方法をさらに深掘りし、より質の高い記事を生み出すためのテクニックを磨くことを推奨します。

ここまでがAIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』が作成したブログ記事です。

実際にAIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』を使用した感想

よかった点は無料でも思っていた以上に利用することができる。

ブログを執筆する上で大事なのでキーワード選定ですよね。

AIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』では、キーワード提案の機能があり、『基本KW』『周辺KW』『潜在ニーズ』を簡単にしることができます。

キーワード選定ツールとしても充分満足して利用することができます。

かなりの文字数が数分で作成されるので時短になり、AIライティングツール初心者の私でもすぐに利用ができました。

わからないことがあれば各ページに使い方のページに飛べるようになっているので初心者の方でも納得して利用することができるかと思います。

今回この記事はAIライティングツール『ラクリン(Rakurin)』で生成しながら2時間ほどで完成しました。

肩がゴリゴリに凝りましたが大変に満足しています。

今回タイトルと見出しと本文作成を利用し、イマイチだった点

  • 生成にかかる時間が少し長かった。
  • 本文作成(階層見出し)で作成した見出しを貼りつけたが1つのh2分しか生成されなかった
  • 2回目で残りのh2とh3で生成すると全ての本文が生成できた。

本文作成については文字数が多かったのかも?と反省しました。

イマイチだった点も含め著者はトークン消費するまで利用したいと思いました。

以上が『ラクリン(Rakurin)』を使用した感想です。

ぜひブログ記事を書く時間がないという方やAIライティングツールを利用してみたいという方は『ラクリン(Rakurin)』を利用してみてください。

\無料で毎月1記事作成/
ChatGPT4.0を搭載で無料~使える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次