最短翌日!お金がもらえるキャンペーン▶ GETする

【2024年4月最新】コイントレードの紹介キャンペーンとステーキング銘柄

本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではコイントレードの基本から各取引所の手数料比較まで、コイントレードについてと紹介キャンペーンについて解説します。

コイントレードでは、ステーキング対象の銘柄が他社と比べて多く、また最大年率が19%と非常に高く設定されているのが特徴です。

目次

コイントレードとは

コイントレードは株式会社マーキュリーが運営する比較的新しい仮想通貨取引所のサービスで2021年3月にスタートしました。

コイントレードでは現物取引以外にコイントレードステーク(アプリ)でステーキングに参加することができます。

コイントレードの取扱い通貨は14種類ステーキング対象銘柄は10種類です。

コイントレードの取扱い通貨

コイントレードで取引できる通貨は以下の通りです。(2024年3月)

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(エックスアールピー)
  • PLT(パレットトークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ADA(カルダノ)
  • DOT(ポルカドット)
  • XTZ(テゾス)
  • AVAX(アバランチ)
  • HBAR(ヘデラハッシュグラフ)
  • POLYGON(ポリゴン)
  • NEAR(ニアプロトコル)

コイントレードのステーキング対象銘柄

コイントレードのステーキング対象銘柄は以下の通りです。

銘柄最小申込数量ロック期間最大年率
AVAX1 AVAX95 日間5 %
ETH0.001 ETH90 日間2.8 %
HBAR1 HBAR90 日間1 %
NEAR1 NEAR30 日間90 日間6 %
MATIC1 MATIC90 日間3.2 %
PLT1 PLT30 日間90 日間19 %
DOT1 DOT30 日間90 日間13 %
XTZ1 XTZ30 日間90 日間4.5 %
IOST1 IOST30 日間90 日間11 %
ADA1 ADA90 日間2.8 %

各取引所のステーキング対象銘柄の比較

  • Coincheck:一時停止
  • SBI VCトレードETH、DOT、ADA、XTZ、SOL、AVAX、OAS、XDC、ATOM、FLR
  • BITPointETH、ADA、TRX、ATOM
  • bitFlyer:一時停止
  • GMOコインDOT、ADA、XYM、XTZ、ATOM、QTUM、ASTR、SOL

コインチェックとビットフライヤーでは一時停止しています。
なのでステーキングできる取引所はコイントレード、SBI VCトレード、ビットポイント、GMOコインとなります。

コイントレードとSBI VCトレードでは10種類の銘柄がステーキングできますが、それぞれステーキングできる銘柄が違いますのでステーキングしたい銘柄がある取引所を選びましょう。

ステーキングとは?

ステーキングとは、簡単に説明すると暗号資産を預けておくだけで報酬がもらえるサービスです。

コイントレードで保有している暗号資産をブロックチェーンネットワークに預けておくだけで最大年率19%以上の報酬がもらえる可能性があります。

しかしリスクも伴いますので、十分に理解した上で行いましょう。

ステーキングのメリット

ステーキングは初心者の方も始めやすく最小申込数量が設けられていますが約10円から申込ができます。

  • 初心者でも始めやすい
  • 保有しているだけで報酬がもらえる
  • 利率が高い

ステーキングのデメリット

ステーキング中はブロックチェーンネットワークで通貨がロックされるため、送金や売買ができません。
その為下落した時や上昇した時にもチャンスを見逃してしまうリスクがあります。

  • ステーキング中の暗号資産で売買や送金ができない
  • 暗号資産の価格が下落する可能性がある

ステーキングについてもっと詳しく知りたい方はこちら

コイントレードのセキュリティ

コイントレードのセキュリティは非常に高い水準にあります。
セキュリティ対策については以下の通りです。

  • マルチシグによる秘密鍵の分散
    送金に必要な署名が通常一つに対し、複数署名にすることで、ハッキング等の被害からお客様の資産を守ります。
  • コールドウォレットでオフライン管理
    外部ネットワークと完全に隔絶されたオフライン環境で管理し、インターネット上でのハッキングリスクを最小限に抑えることができます。
  • SSL/TLS対応
    安全に通信できるセキュリティプロトコルであるSSL/TLSを採用しています

コイントレードの手数料

コイントレードの手数料は以下の通りです。

売買手数料無料
日本円の入金手数料無料
日本円の出金手数料550円
ビットコイン(BTC)の送金手数料0.0005BTC
イーサリアム(ETH)の送金手数料0.005ETH
リップル(XRP)の送金手数料0.01XRP

売買手数料は無料ですが、スプレッドが発生します。

他社との手数料比較

取引所取引手数料BTC送金手数料日本円出金手数料
コインチェック無料0.0005BTC407円
ビットポイントMaker: -0.02%, Taker: 0.12%550円/770円
ビットフライヤー0.01% – 0.15%0.0004BTC220円/440円/550円/770円
ビットバンクMaker: -0.02%, Taker: 0.12%550円/770円
SBI VCトレードMaker: -0.01%, Taker: 0.05%無料無料
DMM Bitcoin無料無料無料
GMOコイン無料無料無料
BitTrade無料0.0005BTC300円

こちらの取引手数料が無料のもでもスプレッドが発生する場合があります。

コイントレードの紹介キャンペーンについて

2024年3月現在紹介キャンペーンは開催されていません。

さいごに

コイントレードはステーキングできる銘柄が10種類あり、最大年率が19%と非常に高く設定されています。

ステーキングはリスクが伴うことを十分に理解し行うようにしましょう。

最後までありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次