最短翌日!お金がもらえるキャンペーン▶ GETする

幼児期の英語教育は必要?知っておきたいメリットとデメリットについて

本ページはプロモーションが含まれています


幼児期の英語教育は現代社会でますます注目されるようになっています。
一方で、必要性に疑問を持つ声もあります。
幼児期に英語を学ばせることのメリットとデメリットを知り、適切な英語教育を考えてみましょう。

目次

幼児英語教育のメリット


幼児期から英語を学ぶことには多くのメリットがあります。

「英語脳」と「英語耳」を養うことができる

英語脳や英語耳を養うためには、できるだけ早く英語に触れる機会を増やすことが大切です。
幼児期から英語を学ぶことができる環境があれば、積極的に取り入れることをおすすめします。

一般的には、生後6か月頃から音声を聞き取る能力が発達し始めます。
その後、1歳を過ぎると単語を覚え始め、3歳頃には簡単な文を話すことができるようになります。
この時期に英語に触れることができれば、英語耳を育てるための重要なステップとなります。

英語脳を持つことで英語を流暢に話すことができます。文法や発音を意識することなく自然なリズムやイントネーションで英語を話すことができます。

英語脳は幼少期に英語を学習した場合、より発達しやすいです。
その理由は幼少期は言語習得の敏感期であり脳が言語を処理する能力が発達する時期であるためです。
幼少期に英語を学ぶことで英語脳を養いやすいとされています。

一方で成人期に英語を学ぶ場合には英語脳を獲得するのは難しいです。
これは成人期になると言語習得の敏感期が過ぎてしまい、脳の言語処理能力が発達しているためです。
そのため英語を学習する場合には言葉を覚えることや文法を理解することができても、英語脳を獲得するのは難しいとされています。

認知能力の発達

言語学習は認知能力を発達させる効果があります。
英語を学ぶことで言語能力だけでなく、認知能力の発達にもつながります。
例えば、言語を理解するために必要な聴覚的な処理や、言葉を組み合わせることで論理的思考力が向上することがあります。

脳の発達に影響する

言語学習は幼児期の脳の発達に大きな影響を与えます。
新しい言葉を覚えることで脳の神経回路が発達し、将来的には他の学習にも役立つ能力を身につけることができます。

文法の理解力

幼児期は、文法の理解力が高まる時期でもあります。
言語の基礎となる文法を理解することでその後の言語学習においても効果的に学習が進められます。
英語話者と日本語話者の違いに、英語は感情表現や、自分の意志表現をストレートに伝えます。
英語と日本語を習得することで、自然と両方の性質を自然と身に付けることができ言い回しが増えコミュニケーションの向上にも繋がります。

習得しやすい

幼児期は言語学習に最適な時期とされています。
子供たちは語学に対して非常に受け身的であり、短期間で多くの言語をスムーズに習得できる。

幼児英語教育のデメリット

幼児期に英語を学ぶことにはデメリットもいくつか存在します。
デメリットをしっかりと把握しておくことで克服することができます。

母語習得に影響を与える可能性

幼児期に英語を学ぶことが母語の発達を遅らせたり、混乱させたりすることがあります。
しかし家庭や保育園、幼稚園、小学校などで使う言語が日本語であればセミリンガル(ダブルリミテッド)にはなりにくいとされています。

プレッシャーや負担

幼児期に英語を学ぶことがストレスになる場合がある。
英語教育に対する親の期待やプレッシャーによって子供がストレスを感じる場合がある。

英語以外の教育に支障がでる可能性

幼児期は英語以外にも習得できることがあります。
英語教育ばかりに力を入れているとその他を習得する時間が減ってしまう恐れがある。

デメリットの克服
  • 家庭では日本語での会話も意識する。
  • 親子一緒に楽しく英語を学ぶ
  • 英語以外にも色々経験させてあげる

幼児英語教育のおすすめ

幼児英語教育を始めるには子ども専門オンライン英会話スクールがおすすめです。

子ども専門オンライン英会話スクールなら家にいながら親子で一緒に楽しく学ぶことができるので子どもにとっても楽しい時間となり、家庭との両立がしやすいので両親の負担にもなりません。


また子ども専門オンライン英会話スクールなので、幼児向けの指導経験や教育理論の知識を持つ子ども専門のプロ講師たちの集まりで、歌やダンスなど子どもが夢中になれるレッスンを受ける事ができ、レッスン時間も子どもの集中力を考え10分~25分のスクールが多いです。

英会話教室ではできないレッスン時間や回数を調整することができるため子どもの機嫌にも配慮しながらレッスンをうけることができるので、こどもの負荷にもなりにくいでしょう。

オンライン英会話スクールではほとんどがマンツーマンレッスンです。グループレッスンを選択できるレッスンもありますがマンツーマンレッスンの方が子どもに合わせてレッスンが進められるので身に付きやすいです。
さらに英会話教室よりもリーズナブルなので経済的でコストパフォーマンスが高いので始めやすいです。

子ども専門オンライン英会話スクールについてはこちらでまとめています。

ディズニー英語システム

幼児英語教育で人気があるディズニー英語システム

お家でCDやDVDをかけ流すだけで英語のシャワーを浴びることができます。
生後間もない時からでもCDやDVDをかけ流すだけでたくさん英語をインプットすることができます。

サンプルのCDやDVD、歌の絵本を無料で申し込みができるので、興味がある方はぜひお申込みください。
▶こちらから申し込みができます。(←クリックで申込ページに移動できます)

ミライコイングリッシュ

最近目にすることが多くなってきたミライコイングリッシュ

ディズニー英語システムと同様でお家でCDやDVDをかけ流したくさんの英語がインプットできる教材教育です。
生後間もない時からたくさんの英語を聞くことで英語耳を養います。

ミライコイングリッシュでも無料サンプルでお試しができるので興味がある方はお申込みください。
▶こちらから申し込みができます。(←クリックで申込ページに移動できます)

ベビーパーク英語で育児

幼児教育で有名なベビーパークでは英語が通信+教室レッスンまたは通信だけで学ぶことができます。

ベビーパークでは2歳半から受講することが可能。

スマホやタブレットを使い親子で一緒に楽しく英語が学べるプログラムでママとパパも負担なくできるプログラム。

フラッシュカードも利用できるので右脳育児にも効果的です。

叱らない育児で有名な0歳~のベビーパーク、3歳~のキッズアカデミーの無料体験も実施中。

▶ベビーパーク英語で育児公式サイトはこちら

ポピー

家庭学習教材のポピーも。

ポピーでは音声ペンも使った英語教材なのでペンがつかえる2歳半~おすすめ。

月会費が1,596円なので始めやすいです。

ポピーkids Englishも無料サンプルでお試しをすることができるので興味がある方はお申込みください。
▼こちらのバナーをクリックすると公式サイトから申込みができます。


さいごに

幼児期に英語を学ぶことは、成人してからでは学べないことがあるということがわかりました。

「英語脳」や「英語耳」を養うためには幼児期から英語に触れ、自然な環境で英語を使うことが大切です。

母語である日本語も疎かにせず、日本語教育にも意識することを忘れずに英語教育を始めましょう。

子ども専門英会話スクールは子ども専門の講師が子どもが夢中になれるレッスンをマンツーマンレッスンで受講することができるので無料体験で、その楽しさや効果を体験してください。

お家で一緒に楽しむことから始めることからがストレスや負荷にならない工夫の1つでもあります。

子供は小さいうちから英語に触れることで、英語への興味や好奇心が高まります。ぜひ一緒に英語教育を始めてみましょう。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次